オンラインカジノ

そして 数年後には日本にもIR型のカジノが誕生します

そして 数年後には日本にもIR型のカジノが誕生します

半世紀以上の運営実績からくる信頼性とユーザビリティに優れた利便性で多くのプレイヤーから評判高いカジノです。

オンラインカジノってインターネット上で遊ぶカジノだから「インカジもオンカジも一緒なのでは?」と考えている方が多いのではないでしょうか。 どちらもネット上で遊ぶカジノですが、実は大きく違いがあります。

「オンラインカジノで儲けて捕まった人はいるが、ほとんどの人は争わずに罰金を払う。警察と長期間やり合うよりは、20万ぐらいの罰金を払って、交通違反みたいな感じで終わらせてしまうことを選ぶということだ。しかし1人だけ、ある種の“勇者”がいたということだ。当初は微妙な事件かなと思ったが、結果として不起訴になった。他に例がないという意味では、重いものだと思っている。大きなポイントは、オンラインカジノが海外で合法的なライセンスを取得していたことだった。賭博罪というのは、基本的には胴元、運営者を処罰するための法律で、海外で合法的なライセンスを取っている場合、処罰することができない。それなのにお客さんだけを処罰するというのは本末転倒という言葉が一番当てはまる場面で、刑法が想定していない。私もそのような意見書を書いたし、そのことが理由で起訴にはならなかったのではないか。もう一つ大事なのは、日本の刑法は明治時代に作られたものなので、日本にいながら今すぐに海外のカジノにアクセスできるツールというのは、明治の人からすれば“どこでもドア”みたいなもので、ネットで賭博をするということは想定していないし、罪刑法定主義の観点から処罰するというのはおかしいと私は主張した」

カジノカフェはインカジともよばれているものであり、大都市圏の繁華街で見かけられています。注意しなければならないのは、サービス内容が海外のオンラインカジノゲームを利用していたとしても、店内で換金をおこなっている点です。これは日本国内でギャンブルを運営していることになり、完全に賭博行為とみなされるものです。このようなお店でカジノゲームを楽しんでいると、警察の摘発対象になってしまいかねません。突然逮捕されてしまうなどの憂き目にあわないためにも、このようなお店へ出入りしないように行動を慎まなければならないのです。

「インカジ」とは、「インターネットカジノ」の略称で、「オンカジ」は「オンラインカジノ」の略称です。

さて、ギャンブルで案外重要なファクターは「手軽さ」ですよね。「お金を賭ける」という行為にそんな大変な準備がいるの?と思われるかもしれませんが、オンラインカジノはお金の動きが少し複雑です。キャッシュフローの違いについて考えてみます。

パチンコ・パチスロだと当たった後それを継続させていき出玉を増やすということが多いですが、オンラインカジノでは当たりが一気に払い出されます。さながら「上乗せ特化ゾーン」だけ遊んでいるような形なので、時間効率においてもオンラインカジノは圧倒的です。

カジノシークレットは2018年に設立された、まだ新しいオンラインカジノですが、既に世界中で人気のオンカジとして多くのプレイヤーが楽しんでいます。 もちろん合法ライセンスもしっかり取得済み。

となれば「競輪や競馬、サッカーあるいはアミューズメントパークでの模擬カジノ、そしてパチンコやパチスロなどはどうなるのか?」といった疑問が湧いてくることでしょう。

特にギャンブル依存症当事者を家族に持つ人たちが、カジノ法案に強い懸念を示すのは無理からぬ事です。

日本にはカジノ以上にお金が動いているパチンコという巨大なギャンブル市場が出来上がっています。 そして、数年後には日本にもIR型のカジノが誕生します。 世界では、スウェーデン、モナコ、ラスベガスのランドカジノを運営する企業が、そのままネット版のサービスとしてオンラインカジノを展開している場合も多くあります。 日本企業はモノづくりにおいて世界トップクラスのクオリティを誇るのは周知の事実。 今は日本製のオンラインカジノやゲームはありませんが、出来れば日本発のサービスが世界一に輝く実力も秘めていると思われます。 新しい外貨獲得の手段の為にも、現在モヤッとして、どっちつかずの賭博法状況の改善の為にも、日本のカジノ誕生に向けた法整備の中でオンラインカジノの法整備も行われて欲しいと共に、既に賭博だらけの日本において、あるものを無いとして、都合が悪いものは違法という、時代にマッチしていない法律をそのままにしておいて、事件として取り上げるのではなく、日本が賭博大国である事を認めた上で、ルールの範囲でコントロールする方向に進んでほしいですね。

オンラインカジノは、インターネットを利用することで本格的なカジノゲームを楽しめるものであり、ライセンスを所持した海外に拠点をもつ業者により運営されています。
日本では原則としてギャンブルが禁止されており、違反すると賭博罪に問われることとなってしまいます。
オンラインカジノの場合には、海外で合法とみなされている業者を日本の賭博罪で罪に問うことはできません。運営サイドを罪に問うことができないということは、プレイヤーも罪に問うことは不可能です。よってオンラインカジノは合法であると考えてよいことになります。

オンラインカジノとアニメの異次元コラボレーション。これまでにない趣向でプレイヤーを迎えるラッキーニッキーカジノ。

では、やはり高額ベットをしなければいけないのか?というとそうでもなく、爆発力においてもオンラインカジノは優れています。2015年10月、J.ヘイウッドさんが『メガムーラ』という機種で約1300万ポンド(約18億円)という超大当たりを引き当てた時、ベットしていた額はわずか0.25ポンド(約30円)でした。そのような夢物語がオンラインカジノには無数に広がっています!パチスロでは「万枚」が夢かもしれませんが、オンラインカジノでは「万倍」が日常的に起こり得るのです!

野球賭博、闇カジノは賭博ですので、違法となります。