オンラインカジノ

カジノで過ごしていると 時間の感覚を失うもんです

カジノで過ごしていると 時間の感覚を失うもんです

プレイヤー側にとっては、パソコンの環境が整っていない場合もあるため、嬉しいことですが、一歩間違えると仕事中にカジノゲームをしてしまうなど、ギャンブル依存症の温床ともなりかねません。

不正行為やカードカウンティングの兆候が現れたときには、録画ビデオを見直します。カジノは悪質な人物のデータベース(ブラックリスト)があり、過去にどんな詐欺行為をしたのかのも確認できます。

カジノで過ごしていると、時間の感覚を失うもんです。実はそうさせるように設計されているんです。窓も時計もないことがほとんどのカジノ。午前2時も午後2時も全く同じ。ワタクシもラスベガスでは朝までプレイしてました。ま、プレイする為に行ったんだけどね。昼間はホテルのプールサイドで爆睡w 他の地でも、カジノから出た時、何度【浦島太郎】状況に陥ったことか。

あ、余談ですが、カジノディーラーにチップを一枚差し出して、チップとして取るか、ベットしてもいいよ、と言うとどうすると思いますか? ほとんどのディーラーはベットすることを選びます。チップが増える可能性に賭けるんです。ディーラーもやはり、ギャンブラーなんですね。

しかし、事象の回数が増えれば増えるほど、確率通りの結果になりやすいので、やはり「オンラインカジノは負けやすい」と結論付けることができます。

オンラインカジノで勝つためには、以下の2点が非常に重要です。

これは極端な例ですが、オンラインカジノが負けやすいからと言って、必ず損失が発生するわけではない、ということはお分かりいただけるでしょう。

回答でいただきました、いわゆるマーチンゲール法や、その亜系はいくつも知られていますが、現在のカジノでは、max betが定められており困難です。ルーレットで10回以上連続で黒か赤を出せるディーラーは日本カジノスクールでも多くいらっしゃいます。もしマーチンゲール法を行うとしたら、min betとmax betの倍率が相当大きいバカラ(海外で)でしか通用しなくなります。しかし、利益に対してリスクが大きすぎるのが現状です。

オンラインカジノには様々なゲームがあります。それぞれのゲームについても、いわゆる負けパターンに陥ることがあるので、注意したいところです。特に、オンラインカジノの人気ゲームであるバカラ、ルーレット、スロットについて、負けパターンを考察してみます。

オンラインカジノで稼ぐカギは、負けが先行するという特性を受け入れつつ、上手にベットしていくことです。具体的に、どんな賭け方をすれば負けないのでしょうか。

マンシュリアン法はカジノルーレットを攻略する戦略で、日本ではあまり知られていない貴重な必勝法です。 この記事では、マンシュリアン法の賭け方や実践に向けた使用方法、注意点やコツなどを詳しくまとめました。 …

クレジットカードのキャッシングやカードローンにも手をつけてまで、オンラインカジノに入金しようとします。

2in1法は負けた損失額をリスク無く回収することができる必勝法です。2in1法だけでは利益を出すことはできませんが、ゲーム進行上、必勝法の使用外で出た利益を丸々確保していける実力のある戦略です。使用方法を覚えてカジノで実践してみてください。

「100%に近い確率でゲームの勝負に勝ちたい。」 ギャンブルゲームが好きな方は、誰もがこのように思うことでしょう。 カジノ必勝法の1つ「98.48%法(2/3ベット法)」は、その名の通り98.48%の …

さらに、オンラインカジノで借金を増やす人は、クレジットカードの限度額に留まりません。